有機農産物 有機加工食品

あひるの家
 Information
データ
セール・イベント等
交通アクセス
関連リンク

■  そこへ行けば元気がでる そんなお店にあひるはなりたい  「あひるの家にようこそ」

画像1
[はじまり]
1978年ですから今年で38年目を迎えます。
商売というより、「有機農業の畑を拡げる」「街や村に自営自立の仲間たちのネットワークを拡げていく」といった、若者たちによる“文化運動”でした。30余年が経ち若者ではなくなりましたが、心根は変わっていないと思います。
畑に育っている野菜を片付けていくには、販売していく仲間(八百屋)が必要になってきます。それもできるだけ畑に近いところで販売していくのがいい訳ですから(地産地消)、全国各地に仲間がいた方がいい訳です。流通と販売のネットワークグループとして1983年ポラン広場が発足して今に至っています。あひるの家はネットワーク推進グループの一つとして活動してきています。

[価格]           
全ての商品の価格は、それを作っている生産者や製造者の自己申告価格(再生産価格)を主に、流通と販売の経費をプラスして算出されます。「ポラン広場は価格で一度もたたいたことがない」と生産者・製造者から評価をいただいています。作っている人がイチバン!の価格体系は初めからのことです。時々、買っている人はどう思っているんだろう?と不安がよぎります。
※商品価格は本体価格(税抜価格)で表示しています

あひるの家の販売スタイル
[店] 
農産物表示は【有機農産物】【農薬・化学肥料使用せず】【農薬・化学肥料○回使用】の3種類で表示してあります。
2011年3月以降は農産物・加工食品の放射性物質検査分析結果もプライスカードに表示しています。
農産物は「必要なものを必要なだけ」という考え方ですから、バラ売りになります。便宜的に袋に入れたものもありますが、1個1本から変えます。バラ売りの品物はご自分で計りではかって、値段を確かめてからOKだったらシールを出してレジにお持ちください。店が狭いので見つからなかったり並べられない品物もあります。「アレないの?コレないの?」と尋いてください。見つけます、取り寄せます。
お買い物の際はお買い物袋をお持ちください。お店のレジ袋は有料(1枚5円)となります。

[配達] 
日曜日を除いて毎日4時に店を出発する便があります。来店されて「持ってきて」でも、お電話で「持ってきて」と注文されてもOKです。配達時刻はその時の件数によるので1〜2時間みてください。配達エリアがありますのでお尋きください。
・配達日  月曜日〜土曜日
・配達時間 4時〜6時過ぎ 件数により少し遅れる場合があります
・配達料  1回100円
       お買上げ金額が1,500円未満の場合は200円となります


■  畑だより ―今回はタマゴです―

画像2
端境期に向っています。
野菜(畑)は夏作と冬作が基本で、春作秋作というものは少ないです。
冬野菜(白菜・葉物・里芋・蓮根など)が終わりに向い、夏野菜(トマト・キュウリ・ナスなど)がマダマダというこの時期、百姓は夏野菜の苗作りや土作りに忙しく、八百屋は売る野菜がなく暇しています。
沖縄まで産地が広がったので(25年かかりました)早目の夏野菜が出てきていますが、ボリュームはありません。
そこで、今回はあひるの家が取り扱っているタマゴの話しです。栃木県芳賀郡市貝町の高田さんからになります。
農場名は『ひのき山農場』、会社名は『(有)おひさまぽかぽか』。なんとも、銀行の窓口で「おひさまぽかぽか様〜」なんで、アナウンスされたら絶対「ハ〜イ」などと出ていきたくない名称です(あひるの家も似たようなもんだけど)。
高田さんとは30年のつき合いになります。
25才の時に、「田舎で動物を飼って暮らしたい」とあちこち探して、「いいよ、貸してあげるよ。ただし、自分でやって」と言われたのが今の処で、桧が林立する森だったそうです。
まずは樵(きこり)から。伐採して整地するのに3年かかり、何度も「やめようかな」と思ったそうです。
はじめは豚も鶏も飼って、加工場も作ってバァーンとやっていたのですが、今は鶏だけで、それも採卵だけになっています。

高田さんの飼育の仕方と[一般の飼育の仕方]を比べてみると、
・ひよこから5ヶ月かけて飼育し、成鶏になってから採卵をはじめます。
[100日 (15才くらい)から採卵。体ができていないので病気多⇔薬剤多]
・平飼い。一坪に12羽。陽も風も通る鶏舎。昼起きて夜眠る。
[ゲージ飼い。一坪に70〜80羽。7段〜8段の棚飼い。ウインドレス。終日照明]
・栃木産大麦・小麦、有機農家のモミ付飼料米、卵の殻、カツオ・コンブの食品残さを乾燥。食材を買ってきて自家配合。
[輸入配合飼料。抗生物質をはじめ、予防薬剤を混ぜる。早く育てるため高タンパク高カロリーが主]
・淡い黄色。臭味がない。
[トウモロコシ、色素など色付け飼料。生臭い]

高田さんいわく、「卵アレルギーの要因は、投与されている薬のせいじゃないかな」とのこと。
ひのき山農場は高田和彦・悦子夫婦と木綿(ゆう)果琳(かりん)の姉妹とお手伝いの人で運営。電話をすると若い娘の元気な声がきこえてきます。
これからも【おひさまぽかぽかの卵】を食べてください。

■  配達します

画像3
■電話・来店による即日配達
雨の日や、お出かけになれない時、荷物がたくさんでお持ち帰りが大変な時など、お気軽にご利用ください。

・配達日  月曜日〜土曜日
・配達時間 4時出発便
・配達料  1回100円(お買上げ金額が1,500円未満の場合は200円となります)

■配達区域
 国立市   全域
 府中市   北山町 武蔵台 西原町 西府町 本宿町 美好町
 立川市   羽衣町 錦町 柴崎町 けやき台団地
 国分寺市  光町 西町 高木町 富士本 西元町 日吉町 戸倉 新町 並木町 泉町3丁目 西恋ヶ窪 
   
 Data
データ

営業時間 AM10:30〜PM7:30
定休日 なし(年始・お盆休みあり)
TEL 042-575-9049
FAX 042-575-8382
HP http://ahirunoie.boot-boo.com/
住所 国立市 東 1-15-44
【お知らせ】 お買い物の際はお買い物袋をお持ちください。レジ袋は有料(1枚5円)となります。
   
 Access
交通アクセス

MAP
国立駅南口より徒歩3分、モスバーガー(大学通り)左折
 News
セール・イベント等

■  耳よりニュース ▲TOP

『春休み子ども朝ごはん』始まります
『夏休み子ども朝ごはん』『冬休み子ども朝ごはん』が好評だった富士見小路のJikka(じっか)の『子ども朝ごはん』。
あひるの家代表狩野が参加している「福島とつながる種まきプロジェクトネットワーク」の遠藤良子さんが企画・担当している『春休み子ども朝ごはん』が、来週月曜日からはじまります。
3月27日〜4月6日の春休み期間中、土日を除く計9日間、朝7:30〜9:30、場所は西2-11-23『富士見小路のjikka(じっか)』※チラシでは西2-11-28となっていますが間違い?
炊きたてごはん、具だくさん味噌汁、手づくりふりかけ、その日のプラスαの朝ごはんが17才以下の子どもは無料で食べられます(18才以上は100円〜カンパ)。
「食べることは命をつなぐこと。子どもたちにはちゃんと食べて元気に一日を迎えてほしい」
「一人でも多くの子どもにこの取り組みを知ってほしい。食べに行ってきなと、近所のお子さんに声をかけてほしい」
と呼びかける遠藤さんの声がまたたく間に拡がり、夏休み後半、そして冬休みは親子連れで大賑わいでした。
あひるの家の食材も一部使ってもらっている『春休み子ども朝ごはん』。春眠暁を覚えずなんて言ってないで、春休みこそ早起きして富士見小路のJikkaに全員集合!


『あひるの家の冒険物語』第4話 突き出されたトコロテンの行く先は……
1978年春3月仁君が、その10日後に武重君が訪ねてきました。
髪を後ろで束ねて顎鬚をのばした仁君は、山梨韮崎の自給自足を営む農場からやって来ました。
武重君はこれまで定職についたことがなく、趣味の写真と不用品修理でいくばくかのお金を稼いで生活していたそうです。この日もカメラ携えてやって来ました。
国立と周辺エリアを分けて、3軒のリヤカー八百屋がはじまったのです。ぼくには「仲間がふえた!」という喜びよりも、「エーッ!どうして?」という戸惑いの方が大きかったのです。
2人はよく夜訪ねてきて、ぼくの子供たちと遊んでくれたりしながら、「里芋の傷みはどうしたらわかるんだろうか?」とか「サツマ芋がボソッと腐るんだけど」「風にあたってヨレヨレのほうれん草は、水をふった方がいいんだろうか?」「100g35円で470gあった時、どうやって計算してる?」「卵の殻、割れやすいよね」など、今日お客さんに言われたことなど話しは尽きないのです。たった半年なのに、彼等にとってぼくは八百屋の先達ということになる訳です。
そして8月、「役所辞めてきちゃった。八百屋やらして」と清々しい笑顔で、元職場の同僚だった藤井愛子さんが増田書店の前にあらわれたのです。
元職場のサークルではフェミニズムをテーマに活動し、本屋さんの前によく顔を出してくれていました。それでも、「辞めてくる。八百屋をやる」とは思いもしませんでした。
仁君のパートナーで、自給自足農場に出入りしたり八百屋を手伝ったりしていたむっちゃんから、八百屋をやりたい旨のアピールもありました。
5人で話し合いをもったのです。
「フラットのエリアを考えると、5軒のリヤカー八百屋がやっていくのは難しいよなあ」
「リヤカーの基地があるといいね。荷物のやりとりもできるし」
「八百屋だけじゃなくて、ふらっと人が立ち寄ってお茶飲んでいく場があるといいね」
「そうそう、元気のでる情報交差点みたいなスペース」
ということで、藤井さんとぼくの退職金で持てるお店を探すことになりました。「1年間やって、9月4日に八百屋をやめる」という、ぼくの秘かな決意を言い出すことができませんでした。
10月、国立西(駅から15分)の富士見通り沿いに、7坪の縦長の店をオープンさせたのです。
店の看板は、友人で画家の清重君(いもむしころう)が、「1週間分の食材提供」とひきかえに描いてくれました。濃いグリーンの下地に、大根と人参を掲げたあひるがユーモラスに描かれています。
●スタッフ:5人 30才1人 20才半ば3人 20才1人
●八百屋暦:1年1ヶ月1人 7ヶ月2人 0ヶ月2人
●販売形態:店舗(無休) 軽トラック リヤカー2台
●運営:合議制
●給与:一人一律7万円
店がオープンしてからもしばらくはリヤカー八百屋をつづけていたのですが、リヤカーで買っていたお客さんで店まで買いに来られた方は1割もいませんでした。
思うのです。
「ほとんどのお客さんは“有機無農薬の食品”が欲しかったという訳ではないんだ。じゃあ、あの熱い共感、共有のようなものは何だったんだろう?」
以降、「リヤカー八百屋のような店になりたい」というのがテーマとなります。
そんな目算外れも、立地もあったり不慣れもあり、店はあんまりというか相当売れませんでした。来客数3人という日もありました。
「待っていてもしょうがない」ということで、交替しながらリヤカーに野菜を積んで、旭通りバス停前の駐車場、大学通り緑地帯、増田書店前、富士見台第一団地などで宣伝をかねて販売したりもしました。
朝リヤカーで出発する時より、帰って来た時の荷が多いという武重君は、壊れた自転車や弦の切れたギターや、使わなくなった冷蔵庫をお客さんにもらってきたり、拾ってきて修理しクリーニングして一緒に売ったりもしていました。
店にはお客さんはあんまり来なかったけど、店内の1畳の畳スペースは“旅人たちや国立・国分寺の知り合いたちのたまり場”にもなっていたので、にぎやかな笑い声であふれていました。
空気が澱みはじめていました。
むっちゃんや藤井さんは勿論のこと、仁君や武重君そしてなによりぼく自身が、“澱み”をコントロールする気構えがありませんでした。
「店を持ちたかった」訳でも、「仲間がほしかった」訳でもなく、更に「八百屋をやりたい」訳でもないぼくには、踏みこんで向かい合ってゆく情念のようなものがなかったのだと思います。
音がすれど姿のみえない昼の花火のように、音がする度に顔をあげて、少しワクワクしながらながめるのだけど、何も見えないというもどかしさが続いた1年でした。

―訂正―

始めるにあたって「時系列と名称が苦手」とお知らせしましたが、さっそく間違えました。
リヤカー八百屋のスタートを1978年と記しましたが、1977年9月5日の誤りでした。古いメモが見つかったり、学生の頃から指折り数えてみて判明しました。
ずーっとそう思っていたので、『あひるの家の冒険物語』を書き始めた最大の収穫を得たような気がします。
あと、人名がよくでてきますが、今もあの頃も本名を知らなかった人がたくさんいたことを思い出します。通称名で記していきます。


「せめておうちに帰ったら」ゼンケン空気清浄機【エア・フォレスト】Wキャンペーン実施中
花粉・ホコリ・ニオイを徹底除去!!
ゼンケン空気清浄機 【エアフォレスト】Wキャンペーン実施中!

(1)3日間無料でお試しください!
クリーンで快適なお部屋の中で実感してみてください!
あひる便で配送・引取致します

(2)お得なキャンペーン価格でお渡し!
定価39,800円 → キャンペーン価格29,500円でお得!

エアフォレストは多重構造の高性能フィルターと気密性の高い高精度ボディが、吸引した空気を漏れなく本体内で浄化し、きれいな空気だけを送風します。
花粉やカビの胞子、ハウスダストなどのアレルゲンをはじめ、ペット臭、たばこ臭などの空気の汚れを徹底的に除去。1年を通してお使いいただけます。
搭載されているシロッコファンは7m3/分の大風量吸引を実現。32畳までのお部屋に対応しています。

※キャンペーン期間:4月末まで

※【エアフォレスト】商品詳細については、(株)ゼンケンのホームページでご確認ください  
http://www.zenken-net.co.jp


■  おすすめ商品・サービス ▲TOP

南国土佐・久保田食品の無添加【アイスキャンデー】はじまってます
三寒四温のこの時季、花冷えする日もあれば、日中は半袖でもいいのでは?というくらい暖かい日もあり、着る物も迷ってしまう3月下旬(春物などないので、あいかわらず冬の服装のままですが)。
四温の日におすすめの夏物、南国土佐・久保田食品の【無添加アイスキャンデー】はじまっています。
安定剤、乳化剤、着色料、香料を使用せず、新鮮な牛乳や旬の果実など、素材そのもののおいしさが人気です。
まずは人気の6品から。この後も【すもも】【ブルーベリー】【パイナップル】【柚子】など、続々入荷予定。
※三寒の時は別所蒲鉾店【味自慢!出雲おでん1-2人前】や、いちうろこ【静岡おでん種セット】がおすすめです。両方とも間もなく終了。

【あずきアイスキャンデー】 80ml 110円
自社で丁寧に炊き上げた100%北海道十勝産小豆あんを使用。添加物を一切使用せず、控えめな甘さに仕上げました。

【バナナアイスキャンデー】 80ml 160円
フィリピン・ミンダナオ島産の有機バナナ、北海道産ビートグラニュー糖使用。ナチュラルな甘味に仕上げた、こだわりのアイスキャンデーです。バナナ本来の自然な甘味と乳製品がベストマッチした美味しさに仕上げました。

【ミルクアイスキャンデー】 80ml 160円
シンプルな素材で造り上げた、新鮮な味わいのこだわりミルクアイスキャンデーです。原材料は牛乳、乳製品、砂糖だけ。素材の持ち味を活かした美味しさです。

【南国土佐のトマトアイスキャンデー】 90ml 160円
新鮮な高知産トマトを使用。えぐ味、雑味を極力抑え、素材本来のフルーティーな甘み、風味を引き出し、アイスキャンデーに仕上げました。

【苺アイスキャンデー】 80ml 195円 
旬の間に収穫された高知県産苺を使用。へた取りから洗浄まで、手作業でひとつひとつ丁寧に加工して仕上げた、こだわりの旬造りアイスキャンデーです。果汁・大粒果肉がたっぷりと入っており、まさに苺そのままの美味しさです。

【苺とミルクのアイスキャンデー】 80ml 195円
へた取り、洗浄、スライスなど、手作業でひとつひとつ丁寧に加工した苺をミルクアイスキャンデーに貼り付けました。甘酸っぱい苺の美味しさと、まろやかなミルクアイスがベストマッチしたこだわりのアイスキャンデーです。


菓房はら山【季節の上生菓子・弥生】
【季節の上生菓子・弥生】40g×4 930円  [冷凍]

熟練の和菓子職人が一つ一つ手作りした、季節を彩る和菓子の詰合せ。
四季折々の自然と季節感あふれる日本の風情を、練りきり、団子などの生菓子や、羊羹、棹物菓子などの半生菓子で表現。
材料には、国産原料を出来る限り使用しています。野菜や根菜で着色された和菓子は、自然で柔らかい色合いと優しい味わいです。

花袋(練り切り) … 春の訪れとともに花達も咲く準備をします

潮干狩り(求肥)  … 彼岸の頃の大潮は万干の差が大きいので潮干狩りには最適な時期です

桜吹雪(キントン)  … 春の風に乗って桜が舞い散ります

初蝶(緑茶羊羹+岡時雨)  … 長閑な菜畑に蝶が舞います

原材料 ビートグラニュー糖、白生餡、小豆生餡、小豆、山芋、白玉粉、餅米、上真引濃色、寒天、粉末緑茶、赤蕪、上焼味甚粉、ほうれん草、上南粉、平飼卵、馬鈴薯澱粉、冷凍南瓜、上用粉


■  セール情報 ▲TOP

今週の10%OFFSALE!
人気の基本調味料

【ポラーノ天然醸造醤油・中】1000ml 650円(税抜) → 585円(税抜)

良質な国産大豆・小麦を使用し、じっくり発酵・熟成。時間をかけて酵母菌などの微生物の働きを最大限に引き出すことで、醤油本来の香りと風味を大切に仕上げました。
もろみ作りの標準方式(こうじ10:塩水12)より塩水を約20%控えて仕込んでいます。
こうじの澱粉が甘みを作り、水を控えた分、旨みが濃くなります。どんな料理にもよく合うスタンダードな醤油です。
つけ醤油としてはもちろん、煮物や炒め物の味付けなど、幅広くご利用ください。   

放射性物質[不検出]検出限界値1ベクレル/kg         

[SALE期間:3月27日(月)〜 3月31日(金)]

※今週は土曜日が全品5%OFFSALEのため、週間セールは金曜日までとなります
※配布中のあひる通信では今週のセールは【ラ・テラ有機スパゲティ】となっていますが、輸入元欠品のためセール品を変更しました


4月1日(土)あひるの家全品5%OFFSALE!

毎月第一土曜日はあひるの家全品5%OFFSALEの日(酒類・キャンペーン品・小山製菓の品を除く)。

日持ちのする調味料や乾物、冷凍品などは、この日にまとめ買いがお得です。

通常4時便のみの配達も、正午過ぎから随時出発します。ご利用ください。

★魚屋さん海野くんの春にウマイ!魚貝も一日早く土曜日に届きます。

★SALE日のお楽しみ!青梅・小山製菓の【お饅頭】も並びます。

   
 Link
関連リンク
有機農産物 有機加工食品 あひるの家 HOMEPAGE
ポラン広場
あひるの家Facebookページ
あひるの家ブログ
   
 Inquiry
お問合せ先

 TEL:042-575-9049 / FAX:042-575-8382